妊娠中のレバーは危険!? ビタミンA過剰摂取が胎児に与える影響

MENU

妊娠中のレバーは危険!? ビタミンA過剰摂取が胎児に与える影響

スポンサーリンク

妊娠中のビタミンA過剰摂取は危険!

妊娠中のレバーは危険!? ビタミンA過剰摂取が胎児に与える影響

 

 

妊娠したら貧血になるってよくいいますよね。
私もよく貧血気味になり、見た目にも色が青白くなるくらいでした。

 

「貧血にはレバー」と思って食べていたら...

そんな私が貧血解消するために、まず思いついたのは鉄分

 

女性はもともと鉄分が足りなくなりがちですし、
私も生理中などはよく貧血でフラフラしたりしたので、
鉄分補給のためにレバニラを食べたりしていました。

 

鉄分をとにかく摂取するにはまずレバー!と思いついたわけですが、
そのときに妊婦の先輩から教えてもらったことが、びっくりな内容でした。

 

ビタミンAの過剰摂取は危険!

レバーにはビタミンAという栄養素がたくさん含まれていて、
そのビタミンAをたくさん摂取しすぎると
胎児の耳や脳などに異常がでてしまう可能性があるとのことです。

 

 

「つわり中の栄養補給にビタミンが足りない」と思って、
マルチビタミンのサプリを飲んでいたり、
野菜ジュースをたくさん飲んだりしていましたので
もしかするとビタミンAが過剰だったのでは!?ととっても不安になりました。

 

 

しかしビタミンAがすごくたくさん含まれるのはレバーくらいなもので、
他の野菜などについてはそんなに多く含まれているものはないようです。

 

 

野菜から摂取した場合はβカロテンという物質の中から、
体に必要な分だけビタミンAになるので
過剰になることはあまりないそうです。

 

 

とはいえ妊娠初期に一番気になるのは「奇形のリスク」。
貧血が気になる時期ですが、レバーで鉄分を摂取することだけは控えましょう!

スポンサーリンク


妊娠中のレバーは危険!? ビタミンA過剰摂取が胎児に与える影響関連ページ

妊娠中の貧血対策に!おすすめの食材や料理法は?