妊娠中の体重管理、太りすぎは+○キロまで心配なし?

MENU

妊娠中の体重管理、太りすぎは+○キロまで心配なし?

スポンサーリンク

 

妊娠中の体重増加って、どうしても気になるものですよね。

 

 

昔は「2人分食べなさい」というのが当たり前だったものですから、私が妊娠したときも、親や祖父母は大量の食べ物を送ってきて「いっぱい食べなさい!」と言ったものです。

 

 

でも最近では、不必要な体重増加をしてしまうと、
赤ちゃんが通る産道がお母さんの脂肪で狭くなって通り難くなって難産になったり、
妊娠糖尿病や妊娠中毒症にかかるとリスクが高いことがわかっています。

 

妊娠中の体重増加、どれくらいならOK?

ではどのくらい体重が増えても大丈夫なのでしょう。

 

調べてみたところ、
普通の体型の人ならば理想は7キロくらい。
増えても10キロまでだそうです。

 

 

痩せている人は12キロくらい増えたほうがよいとのこと。
痩せすぎた妊婦さんだと、赤ちゃんが低出生体重児
(小さすぎる赤ちゃん)の原因になることがあるそうです。

 

 

とはいえ、標準体重の私でも、妊娠中期を過ぎたあたりから
体重がどんどん増え始め2週間で2キロちかく増加してしまったこともあり、
助産婦さんに「ちょっと今回は増えすぎね」と注意されてしまったこともありました。
なかなか体重管理って難しいものですね。

 

 

助産師さんからアドバイスいただいたのは、
ご飯は赤ちゃんのことを特別に考えないで1人分しっかり食べればOK。

 

 

体重増加したからといって、ご飯を減らすのは絶対だめ。
あとは、安産のために体力をつける意味でも、
適度にウォーキングなどの運動をするといいですね。

 

 

妊娠中期を過ぎると、おなかが空きやすくなったり、
おなかが膨らんで動きたくなくなるものですが、
あと少しで出産Xデーが近づいているわけですから
安産のための運動が大切ということですね。

 

 

難しく感じることも多いですが、体重管理、頑張りましょう!

スポンサーリンク