正しい食生活で妊娠中毒症を防ごう!原因となる高血圧を下げるためにできることは?

MENU

正しい食生活で妊娠中毒症を防ごう!原因となる高血圧を下げるためにできることは?

スポンサーリンク

妊娠中毒症を防ぐには

正しい食生活で妊娠中毒症を防ごう!原因となる高血圧を下げるためにできることは?

 

妊娠中にかかる怖い病気といえば妊娠中毒症

 

妊娠したら毎回の検診で、血圧測定とむくみのチェックは、この症状を調べるためにあります。

 

この妊娠中毒症のもう一つの名前は妊娠高血圧症候群。つまり血圧が高くなってしまう病気なんですね。

 

どうして妊娠すると血圧が上がってしまうの?

血圧が上がる一番の原因はストレス。

 

働いている妊婦さんや、子どもの育児や家事で忙しい妊婦さんは
どうしてもストレスを抱えてしまいがちですよね。

 

ストレスがたまると、ホルモンバランスの乱れも影響して血圧が上がってしまい
妊娠中毒症のリスクが上がってしまいます。

 

できる限りで、休んだり、ちょっとゆっくり寝られる時間があると良いそうです。
パパに協力してもらったりしながらストレスに気をつけたいですね。

 

塩分の摂りすぎもNG!

また妊娠中は塩分の摂り過ぎにも注意しましょう。

 

塩分をとりすぎるとむくみが出ます。
だから検診のときに毎回、ふくらはぎのむくみを見るんですね。

 

 

妊娠中は赤ちゃんの分まで栄養を考えてとるものですが、
塩分は「赤ちゃんの分」は不要。
今までどおりの塩分量でOKなんです。
不必要にしょっぱいものは食べないようにすることが大切ですよ。

 

 

妊娠前の味の好みが濃い人は大変かもしれませんが、
もし中毒症になってしまった場合、
最悪、妊娠中断になることもありますので、
赤ちゃんのためと思って我慢しましょう!

 

 

塩分とストレスに気をつけて、
妊娠中毒症にかからず元気な妊婦生活を送りたいですね。

スポンサーリンク