妊娠糖尿病になるとどうなる?予防するための食生活や対策は?

MENU

妊娠糖尿病になるとどうなる?予防するための食生活や対策は?

スポンサーリンク

妊娠糖尿病の予防について

 

妊娠糖尿病になるとどうなる?予防するための食生活や対策は?

妊娠糖尿病をご存知ですか?

 

「それってもともと糖尿気味の人がなるんじゃないの?」と私は妊娠するまで気に留めていませんでした。

 

しかし、妊娠糖尿病は妊婦さんなら誰でもかかりうる怖い病気なんです。

 

 

 

妊娠糖尿病になるとこんな悪影響が!

妊娠糖尿病にかかると、血糖値があがりすぎて、おなかの赤ちゃんに悪影響を与えます。

 

 

巨大児(大きすぎる赤ちゃん)や、おなかの赤ちゃんが低血糖になるリスクがあり、
巨大児の場合は帝王切開での出産になってしまいます。

 

 

原因は色々あるようですが、
妊娠糖尿病は女性ホルモンの影響によることも多く、
普通の糖尿みたいに「砂糖を取りすぎたから」
というのが絶対の原因ではないようです。

 

妊娠糖尿病の予防方法

じゃあ予防できないの?と思ってしまうところですが、
予防するにはやはり血糖値をあげないようにするのが重要です。

 

 

白砂糖がたくさん入ったお菓子を控えたり、
炭水化物の取りすぎも控えたほうがいいですね。

 

とはいえ大切なエネルギー源ですから、
「食べるな」ではなくて「食べ過ぎない」、ということ。

 

 

炭水化物はどうしても血糖値を一気に上げてしまうので、
たくさん摂るのは体にとってよくないということのようですね。

 

 

私は、母が糖尿の気があるため妊娠中に糖の検査をしました。
前日夜から絶食して、朝病院で血糖値を計り、
そのあと甘いジュースを飲んで、その後の血糖値の変化を調べます。

 

 

きちんと血糖値が時間とともに下がっていればOK。幸い異常なしでした。
ただまだまだ検査しただけでは安心できません。
これから出産までしっかり管理を続けていかなくちゃいけませんよね。

 

 

安産するそのときまで、自分とおなかの赤ちゃんのために
食事の管理、頑張りたいと思います。

スポンサーリンク