妊娠中の牛乳はアレルギーの原因?

MENU

妊娠中の牛乳はアレルギーの原因?飲むのと飲まないの、どちらがいいの?

スポンサーリンク

妊娠中の牛乳はアレルギーの原因?飲むのと飲まないの、どちらがいいの?

 

よく、妊娠中に牛乳や卵をとると、赤ちゃんがアレルギーになるって聞きますよね。

 

私もそれを聞いてから心配で、摂取するかどうか悩んでしました。

 

妊娠中の正しい牛乳の摂り方

お医者さんに聞いてみたところ、

 

「がぶがぶと飲む量を増やすようでなければ問題なく
 むしろ牛乳については大切なカルシウム原なので、
 毎日コップ一杯は摂りましょう」

 

と言われました。

 

 

カルシウムについては、妊娠中のほとんどの人が不足しているようで
その目標値に対して足りない分が、まさに牛乳コップ一杯分とのこと。

 

 

私も気づいたときには牛乳を飲むようにしているのですが、
実はこれまで乳が好きじゃなくてほとんど飲んでいませんでした。

 

 

寝る前のホットミルクでカルシウム補給

もし私と同じ人がいたら、寝る前のホットミルクがオススメ。
最近のレンジはホットミルクが作れるものがありますので楽に作ることができますよ。

 

 

寝る前にホットミルクを飲むとリラックスして良く眠れるし、
カルシウムも摂れ、さらに冷え防止、水分補給もできて
まさに一石四鳥!素晴らしいですね。

 

 

寝る前の水分補給は、
妊娠後期のこむらがえりも予防してくれますので
中期以降にもオススメです。

 

 

私も最近毎晩足がつるので実行中です。
アレルギーのことは大量摂取じゃない限り心配無用。
しっかり水分とカルシウムを補給しましょう!

スポンサーリンク