妊娠中の魚の食べ方(水銀・ダイオキシン)

MENU

妊娠中の魚の食べ方(水銀・ダイオキシン)

スポンサーリンク

妊娠中にちょっと不安な食べ物

妊娠中の魚の食べ方(水銀・ダイオキシン)

 

妊娠すると、口から入るものすべてが気になってしまいますよね。

 

私ひとりなら気にならないけど、お腹の小さな赤ちゃんには、何か悪影響があるのではと不安になってしまうものです。

 

とくに魚介類については色々な悪い情報を耳にしてしまって、せっかくの栄養満点の魚たちも本当に食べていいのか心配になってしまいます。

 

魚介類の水銀について

確かに魚介類には水銀・ダイオキシン等のリスクのある魚はありますが、
毎日大量に食べるわけでなければ悪影響も心配する必要はありません。

 

 

たんぱく質やカルシウムなど、お魚にはいい栄養がたくさん含まれているので
上手に食事に取り入れたいですよね。

 

 

まずは水銀が心配といわれるマグロ。

 

マグロはお刺身なら4切れ、ツナ缶なら1缶80gを週に1度なら問題なしです。
これなら、たまに丼ぶりに使う程度ならよさそうですよね。

 

魚介類のダイオキシンについて

ダイオキシンは、日本近海に停滞するお魚に含まれる傾向があります。
工業排水などを、長期間にわたって浴びてしまうので
汚染されてしまうことがあるそうです。

 

 

だから、食べる量はなるべく少なめに。
よく洗ってはらわたをとり、下ごしらえをきちんとすればリスクは減らせます。

 

 

比較的安心なのは回遊魚といって、移動するお魚です。
汚染のリスクが低いんですね。鮭や秋刀魚がこれにあたります。
鮭が食べられるのは、日本人には嬉しいですよね。

 

 

すべて気にしすぎる必要はありませんが、
知っておくことでスーパーでの判断基準になりますので
リスクの低いお魚を知っておくことは大切ですよ!

スポンサーリンク