妊娠中にカルシウムが不足する理由は?どの程度摂取すればいい?

MENU

妊娠中にカルシウムが不足する理由は?どの程度摂取すればいい?

スポンサーリンク

妊娠中にカルシウムが不足する理由は?どの程度摂取すればいい?

 

妊娠すると虫歯になる、とよく聞きませんか?

 

 

私の通っている病院でも、妊娠後期には歯科検診があります。ちゃんと歯磨きしているのに、なんでかな?と思ったわけですが、質問してみると、妊娠中のカルシウム不足が影響しているとのことでした。

 

どうして妊娠中にカルシウムが不足するの?

妊娠したら、赤ちゃんがお腹のなかでぐんぐん大きくなります。
赤ちゃんの体の骨や歯を作るためには、カルシウムが必要で、
赤ちゃんはお母さんの体からカルシウムを貰うんだそうです。

 

 

お母さんの体のカルシウムといえば、「骨」「歯」ですよね。

 

 

だから、お母さんの骨や歯からカルシウムが溶け出して
赤ちゃんにいくために、お母さんの骨や歯がもろくなりやすいそうです。
もし虫歯になると、はやく治療しないとお産でうまくいきめないとか。

 

 

可愛いおなかの赤ちゃんのためなら
骨や歯からカルシウムをとられちゃうのは仕方ないですが
お母さんも自分のためのカルシウムを補給しなくてはいけません!

 

 

赤ちゃんがお腹に居る状態で骨粗しょう症になったら
転んで赤ちゃんが危険な目にあうかもしれないし、
虫歯になっても強い麻酔はできないので、とっても痛い思いをするかもしれません。

 

 

でも、カルシウムが含まれている食品は色々あるので、上手に摂取すれば大丈夫。
牛乳やヨーグルトの乳製品ももちろんですし、煮干などのお魚で摂るのもOKです。

 

 

野菜ならほうれん草にも含まれてますよ。
過剰に摂る必要はないけれど、毎日の食事にうまく取り入れて、
カルシウム不足にならないように気をつけましょう!

スポンサーリンク


妊娠中にカルシウムが不足する理由は?どの程度摂取すればいい?関連ページ

母乳をしっかり出すための食事・栄養素は?
妊娠初期に不可欠な葉酸。なぜ必要なの?どの程度接種すればいい?