妊娠初期に不可欠な葉酸。なぜ必要なの?どの程度接種すればいい?

MENU

妊娠初期に不可欠な葉酸。なぜ必要なの?どの程度接種すればいい?

スポンサーリンク

妊娠初期に不可欠な葉酸。なぜ必要なの?どの程度接種すればいい?

 

妊娠したいときにまず摂取したい栄養素といえば葉酸ですよね。

 

私も妊娠したいと思ったときから葉酸のサプリを飲んでました。薬局のサプリコーナーでも「妊娠したいプレママに」とかいてあるくらい有名な栄養素ですね。

 

でもどうして葉酸が必要なんでしょうか?

 

妊娠中にどうして葉酸が必要なの?

調べてみると、葉酸をきちんと摂取することで、
赤ちゃんの先天性の障害リスクを低減できる
とのことでした。

 

 

葉酸は、赤ちゃんの体の臓器ができあがるころに必要な栄養で、
妊娠初期にはとくに必要な栄養素なんです。

 

 

確かに妊娠がわかってすぐには、
「心拍を確認するまでは安心できない!」と、
赤ちゃんの心臓を確認するまで気が気じゃありませんでした。
赤ちゃんの成長を助ける栄養とあればぜひ積極的に摂取したいですよね。

 

 

葉酸が多く含まれる食べ物

どんな食べ物に葉酸が入っているのか調べると、
「葉」酸というだけあって葉っぱの野菜に多く含まれており
小松菜やほうれん草などがいいようです。

 

 

ただ、葉酸は熱に溶けてしまう栄養素ですので、
熱を通して食べるなら汁物などにして、汁ごと食べられるのがオススメですね。
あとはイチゴや納豆にも葉酸が多く含まれています。

 

 

葉酸は体内に貯めておけないので
いわゆる「食いだめ」をすることはできません。

 

 

これからいよいよ大きくなり始める、お腹の新しい命のために、
毎日少しづつ、意識して食べることが重要です。
食べ物からで足りないときはサプリで補充される妊婦さんも多いですよ。

スポンサーリンク


妊娠初期に不可欠な葉酸。なぜ必要なの?どの程度接種すればいい?関連ページ

妊娠中にカルシウムが不足する理由は?どの程度摂取すればいい?
母乳をしっかり出すための食事・栄養素は?